<< 毎日ブログ更新中 >> 情報発信に対するご質問、ビジネスのご相談(マーケティング、ライティング、ジョイント、プロモーション)など お気軽にメッセージください

せどり情報発信の否定

おはようございます。

今日は来客があるので、
朝からしっかりと作業しています。

このあとは
ジムにいってバキバキに鍛えます。

 

朝からスタートダッシュを切れると
余力もたくさんあるし
たくさんのやることができるので

1日がうまくまわります。

 

常に余力を持った状態を
作るというのもビジネスでは
本当に大事だと思います。

 

 

さて、「せどり情報発信の否定」

 

ツイッターで
僕の知り合いの方々が

せどり情報発信に対して
少し否定的なことを話していました。

 

僕はどう感じたかと言うと
その通りだと思いました。

 

というのも、

フォロワーさんや
読者さんをお金だとしか
考えていない思考。

 

これについて
厳しめに言及していましたが、

本当にその通りだと思いました。

 

僕がせどり情報発信を教わった当時も
読者さえ集めればいい!

というような思考が
かなり蔓延していましたし、

 

人との関わりよりもお金!

 

これ一択というような
流れが少しありました。

 

 

せどり情報発信の本質を
しっかりと理解すれば

そんな考えにはならないのですが、

 

時代の流れ
だったのかなぁとも思います。

 

せどり情報発信で稼ぐというのは
読者さんに価値ある
情報やコンテンツを提供し、

 

そのうえで
対価としてお金をいただく。

 

この前提で成り立っています。

 

読者さんにだましだましの
情報を提供して、

 

使い切りのような感覚であった
情報発信者は本当に淘汰されました。

 

だましだましやるからこそ
新しい読者さんが必要!

 

という理論に
なったのではないかと思いますが、

 

世の中のビジネスは
ほとんどリピーターで成り立っているはずです。

 

となると買い切り型のビジネスではなく
買い続けてもらう型のビジネスを取り入れて

長期に渡り
読者さんと顧客さんと関わる方向に
しっかりと流れを作る必要があります。

 

そうした場合に

使い切りのような考えは
マッチしませんし、

 

そもそも
今の段階では

 

そんな考えで
情報発信をしていると

 

すぐに拡散され
淘汰されてしまいます。

 

発信する側の目よりも
見る側の目が肥えてきている。

 

これは間違いない事実です。

 

こんな兆候については
ツイッター1つでもキャッチすることが可能。

 

となった場合に
ツイッターからうまく
顧客トレンドを見出してみる!

というのも
本当に大事なポイントの1つです。

 

ぜひとも、意識してみてください。

 

意外と目をこらすと
そこらへんに答えはたくさんありますよ!

 

ということで
ツイッターで気になる投稿を見つけたので

少し記事に書いてみました。

 

 

それでは、また明日。

最新情報をチェックしよう!