<< 毎日ブログ更新中 >> 情報発信に対するご質問、ビジネスのご相談(マーケティング、ライティング、ジョイント、プロモーション)など お気軽にメッセージください

【せどり情報発信】AIDMA(アイドマ)の法則

今回の記事は、
マーケティングをしていくなら
知っておいた方がいい

「AIDMA(アイドマ)の法則」

についてお話ししていこうと思います。

 

他にも神田昌典さんが提唱された

「PASONAの法則」

などもありますが、

 

今回は個人的に好きな
AIDMAの法則について
説明していきたいと思います。

 

 

AIDMA(アイドマ)の法則とは

  • Attention(注意)
  • Interest(関心)
  • Desire(欲求)
  • Memory(記憶)
  • Action(行動)

 

の頭文字を取ったものです。
商売の基本で消費者の心理的プロセス・モデルです。

 

消費者があるモノを知り、
それから買うと言う行動に至るまでのプロセスで
コミュニケーションの反応プロセスのひとつです。

 

 

AIDMA3つの段階

AIDMAは、

「認知段階」
「感情段階」
「行動段階」

のプロセスに分かれます。

 

例えば、

僕らせどり情報発信者としてオファーをかける際に
「ツール」を販売しようとしたとしますと

 

「認知段階」

消費者が

「このツールは効果が高い」
「このツールは有名なせどらーさんが使っている」
「ブログやメルマガで特集されていた」

などを知るという段階である。

 

「感情段階」

「好きか嫌いか」「使ってみたい」など気持ちを判断する段階です。

 

「行動段階」

行動をする段階で、ズバリ「買う」「使う」という段階です。

 

イメージはこのような感じになります。

 

もっと具体的に見ていきますと、
このような感じになります。

 

そのツール(商品)を知らない消費者に
呼びかけ注意(Attention)を引いて知ってもらい、

その商品に興味をもてば感心(Interest)の段階へ進み、

良いなとか使ってみたいなと思えば欲求(Desire)の段階へ進み、

そのときの欲求が強ければ強い程に記憶(Memory)され、

後日その商品の話題に触れた時に記憶が甦らされ、
その商品を買えば最後に行動(Action)

 

に移るというのが
AIDMAの法則となります。

 

 

このようなプロセスを段階に別け、
その段階ごとに段階に合った
マーケティング戦略を考えるモデルです。

 

 

 

AIDMAの具体例

では、さらに詳しく見ていきます。

メルマガでツールオファーをか
ける場合のAIDMAを使った例でお話すると、

 

●Attention(注意)

興味を引く打ち出しをする

・めちゃくちゃ効率よく商品が見つかり
・本当に稼げるツールがある

 

●Interest(関心)

関心を持ってもらえるような話をする

・ツールは小学生でも使えるぐらい
・使いやすくて誰でも使える
・利益商品が本当に見つかった証拠や動画などを見せる

 

●Desire(欲求)

絶対に欲しいと思わせるようにする内容を話していく

・実際に利益が増えた
・こんなに楽になった
・生活が変わった

という話をすることで自分も欲しいと思わせる。

 

●Memory(記憶)

消費者の頭の中に
印象づけるように数値や言葉をインプットさせる

・稼いだ金額
・利益率
・時間効率
・特徴となる言葉

その言葉を何度も何度も
配信することで記憶に残るようにする。

 

 

●Action(行動)

購入したくなるようにする

・限定性(限定何名)
・緊急性(いつまでしか売らないなど)
・先着特典(プラスで特典がある)
・バンドワゴン効果(みんなが買っている)

など

 

 

こんなギミックを使って、
行動させるように配信をしていく。

 

以上が、AIDMAの法則使った配信方法です。

 

 

おわりに

このプロセスを理解し、
自分なりのオファー戦略を組み立てることで
効果を発揮しますので、

ぜひとも、法則について覚えておいてください。

 

戦略は1つよりも、
2つ、3つと覚えておくほうが

色々なパターンに
活用することができますので!

それでは、また。

最新情報をチェックしよう!

マーケティングの最新記事8件