<< 毎日ブログ更新中 >> 情報発信に対するご質問、ビジネスのご相談(マーケティング、ライティング、ジョイント、プロモーション)など お気軽にメッセージください

【せどり情報発信】トレンド商材の参入タイミング



今回の記事は、とある本を読んでいる中で、
せどり情報発信においても同じであると思った
「イノベーター理論」に関した話をしようと思います。


ちなみに読んだ本をコチラです。





ここをしっかりとおさえて参入すると、

毎回トレンドにうまく乗りながら
売上を立てることができるので、
1つの戦略として考えてもらればと思います。

イノベーター理論とは

「イノベーター理論」というのは、
新しいサービスや製品が市場へ普及する過程を
5つのレベルに分類し、それをもとに
マーケティング戦略などについて考える理論。



5つの層について説明していきます。

イノベーター(革新者)

最初にサービスや製品を取り入れる人たち。
全体の2.5%を指す。

新しいということに価値を感じ、
普及されていなくてもとりいれていく。

アーリーアダプター(初期採用層)

イノベーターよりも遅いが、
新しいサービスや製品をいち早く目をつけて
参入していく人たち。
全体の13.5%を指す。

世の中の動きや流行などのトレンドに敏感。

アーリーマジョリティ(前期追随層)

慎重に参入していく人たち。
全体の34%を指す。

すぐには新しいものには飛びつかず、
アーリーアダプターの意見や情報に左右される。

レイトマジョリティ(後期追随層)

かなり消極的に参入していく人たち。
全体の34%を指す。

利用者が本当に多くならないと使わない。

ラガード(遅滞層)

参入が最も遅いひとたち。
全体の16%を指す。

文化や伝統、常識レベルにならなければ
参入することはない。

せどり情報発信でも同じ

せどり情報発信業界でも
このイノベーター理論が当てはまるような
事例がたくさんあります。


1年前ぐらいに
すごく流行った稼ぎ方である「MNP」

ナンバーポータビリティを
うまく利用した稼ぎ方。


詳しいお話は
割愛させていただきますが、


こんな稼ぎ方が流行りました。


せどりとは少しかけ離れた
稼ぎ方なのですが、

確実性があるのと、
再現性があることで、


イノベーターとなった人が
この業界で初のセールスをしかけました。


で、その後、
様子を見ていたアーリーアダプターの人たちが、

これはいけると判断し、
一気に参入してきて、

この手法を売る人たちが、
少しずつ増えてきました。


そして、それを見た、
アーリーマジョリティである人たちが
こぞっと参入してきた。



・・・(省略)



というような流れが
僕たちせどり情報発信業界でもあります。

結局どうすれば?

売上を上げるためには、
アーリーアダプターが増えてきた
タイミングで参入するのがベスト。


イノベーターとなるような人が
斬新なこと始めたな、、、


では、そのセールスが当たるかどうかは
判断がつきませんが、


アーリーアダプターのような人たちが
参入したタイミングで、

少し成果などが見えたタイミング、
実際のセールスなどの様子などなど

が外部から見ていていも
見えることがあります。


その情報を活かして、
すぐに参入すると、

先行者利益とは言えませんが、
しっかりと売上を立てられるケースが多々あります。


僕自身も

「メーカー仕入れ」
「メルカリ仕入れ」

などもうまいタイミングで
参入したからこそ
大きな結果を出したであろうと
分析できるセールスがいくつかあります。


情報発信者の情報を見るというのも、
1つのコンテンツメイクのチャンスでもあるので、


ある程度、結果を出して
次のステップに進みたいと思っている人は、
この方法も1つ視野に入れてみて下さい。


ただし、まだ情報発信を始めた人、
少ししか結果が出ていない人にはオススメしません。


おもしろいと思って、
自分がお客様になってしまうケースなども
多々あるからです(笑)



ということで、
本日は与沢さんの本を読んで書いてあった
「イノベーター理論」を僕らの業界に
当てはめてみてのお話をしてみてました。


それでは、また。

最新情報をチェックしよう!