<< 毎日ブログ更新中 >> 情報発信に対するご質問、ビジネスのご相談(マーケティング、ライティング、ジョイント、プロモーション)など お気軽にメッセージください

ツイッター上でのアンチコメント

おはようございます。

 

今日は事務所で通常運転。
朝から普通に仕事しています。

 

 

ただ、午後からは僕個人としての
イベントは盛り沢山。

 

行きつけのマッサージやのおじいちゃんたちと
初めて飲みに行ってきます。

 

僕の心のオアシススポットなので
楽しく飲んで来ようと思います。

 

 

 

さて、件名。

 

最近ツイッター上で
アンチコメントが入ると相談を受けます。

 

その該当のツイッターを見ると
たしかに・・・

 

これは完全に相談者さんに向けての
投稿になっていたりします。

 

内容としては、
上辺だけの所を見て搾取している人間!

 

と言った感じの
ツイートを名前を指定せずに
しちゃっている感じ。

 

 

正直、残念すぎる行動だとは思います。

 

ぶっちゃけ、そんなことしなくても
ご自身でブランディングも
ある程度立てられる方でもあると思うので。

 

フォロワーさんも多いし
そこそこそのジャンルでは
影響力ある方なのかなぁと
前から思っていました。

 

ただ、ツイート内容が

他人をディスったりネガティブだったりが
本当に多い気がしています。

 

僕の推測ですが、

次第にいいね!が付かなくなってきて
いいね!がつくネタが

 

そういうネガティブ的なツイートしか
なくなってしまったのかなぁ・・・

 

と正直思っています。

 

 

ただ、そういうネガティブな投稿を
していると人は離れていくし

ブランディングも下がるし

 

本当に逆効果なんじゃないかと
僕は思います。

 

ただ、目的が自己承認欲求を
満たすためだけにエゴツイート。

 

そうであれば
問題ないですが、

 

見る側からしたら
非常に残念に見えてしまいます。

 

発信する=誰かに見られる

 

一つの発言が
その人のイメージを作り上げていきます。

 

イメージなんて
どうでもいいというなら
それはそれでいいかもしれませんが

 

男の嫉妬ほどみっともないものは
本当にないと思うので

 

しっかりとされた方がいいかと
個人的には思いました。

 

 

過去にもアンチコメントに対しての
向き合いか方について記事を書いていますので

 

もし、興味があれば
ぜひともチェックしてみてください。

 

この記事は僕に向けての
アンチコメントでした(笑)

 

せどり情報発信に対するアンチ

 

 

 

それでは、また明日。

 

 

最新情報をチェックしよう!